おすすめETCカードの作り方と使い方

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べて料金所で止まらずに通過できお得なETCカードですが高速道路を使わない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし紛失盗難が起きてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードにしようと思ったら認識エラーが頻繁に起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

ETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、焦ってしまうと思いますが焦ったまま行動をするのではなく落ち着いてから連絡をしましょう。

もし紛失だったとしても必ず警察へ届け出をしてください。

そのあとの対応はカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっていますが早めに連絡するようにしてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いや連絡手段の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルで連絡ができます。

高速道路の料金所でスムーズに通過できて便利なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

答えを先に言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになるなどスペースの制約がある「一体式」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操縦する時に少し邪魔になったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目が小さくなり、シート下にしまえるため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2箇所になるデメリットがあります。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがネットで調べ物をしていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的にはできません。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

買い物時の支払いなど様々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様のポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETCでも同率付与されるカード会社もありますが、多くの場合では付与率が減少していることが多いようです。

また、ETC利用時はポイント付与対象外になるカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

技術的には他人名義のカードでも使えますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない第三者が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払い処理ができるようですが基本的にはETCでの通行は入口?出口まで無線通行が原則となっており通行に関する内容がわからなくなるため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を設置している」ことを伝えてカードを渡して処理後車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカの所持について不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければ使用できません。

逆に考えると、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

他には、通常のETCカードよりも高額な年会費が必ず発生することです。

肝心なときに限ってトラブルが起きる方っていますよねというのもこの前高速を利用しようと思ったら用事を済ませ家に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら紛失してしまったようです。

トラブル時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

まず最初にカード会社に紛失の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところ本人確認が済んだ後にそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

紛失したカードの停止・再発行の手続きをしてから半月かからないうちに新しいカードが届きました。

このように紛失した場合は各カード会社の紛失盗難デスクに連絡をしましょう。

高速道路を走る時に便利なETCカードですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か紹介します。

発行手数料、年会費が無料に設定されているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できる点もいいですね。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

持っていない方が手に入れるには基本的にクレジットカードが必要になります。

すでにクレカを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

クレカを所持していない方やサブクレカを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

このように使用頻度やポイント還元率から自分に合ったカードを探してください。

大学生になって車の免許を取ったばかりという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここでは一般的なETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく2種類に分類されます。

クレジットカード会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし現時点で使ったことがないならとてももったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で申し込みをしてもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

ETCカードを所持していないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを作っていなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカードで作れないかというとETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としの方法にすると偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合にETC出口を通れなくなってしまうからです。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがどのくらいの人が使っているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

ほとんどの方がETC無線通行を利用しているということです。

割引に関しても東京湾アクアラインを例にすると普通車のETC料金は800円ですが現金・クレカ支払いでは約3000円と大きく違います。

多くの人が使っている、カード利用で割引されるという話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で申し込み、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時に申し込みができます。

引用:ETCカード審査なしで作る方法は?損しない選び方とは